住民票から離婚歴を消す方法

2014.7.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

結婚をするのはとても簡単な事ですが、離婚は結婚の何十倍ものストレスや精神的にもいろいろな問題が出てきてしまいますが、離婚した後に行う事が沢山ありさまざまな役所周りなどをしなければなりません。
離婚した後に今まで結婚していた事が残ってしまいますが、新しく人生をスタートしたい方は離婚歴を消す方法があります。
1度結婚したのに、離婚歴があるバツイチが離婚歴として残ってしまうのは、これからの人生でマイナスの面も出てきてしまいます。
離婚された方が、世帯全員かつ転出者を含んだ住民票を請求した場合、旧姓の記載や同居人欄に元配偶者の名前がバツ印が付いた状態で記載されます。
引っ越しによる離婚歴の記載を消去する場合は、元々住んでいた自治体では5年間は保存されますが、その後は破棄されるので、複数回の移動を行う事によって離婚歴が消去されます。
その他では、現在の住んでいる自治体に依頼して、改製してもらう事ができ、役所で新しく作り直してもらう事ができるので、まずは役所へ行ってから自分の離婚歴を消したい事を伝えて、自分に合った方法を行う事が良いでしょう。
離婚する事で、さまざまな役所の手続きを行う事をしなければならないです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。