転籍の方法

2014.7.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

転籍届出とは戸籍を他の住所に移す事です。
みなさん、住民票の住所と勘違いしている方が多いのですが、必ずしも住所地に置かなくてはいけない訳ではありません。
住所地と違い、住所表示があるところでしたら、何処にでも定める事が出来ます。
両親の住んでいる住所だとか山のテッペンだとか色々なところに定める方が多いです。
そして、例えば転勤などで住所地が変わっても、変更する必要はありません。
逆に住所は変わらなくても届出で変更する事が可能です。
中には転勤する度に一緒に変更している人もいます。
ただし、注意したいのが除籍となった方は新たに記載されない事を覚えて置きましょう。
例えば、子供が結婚で除籍になったとします。
その後に転籍届出を提出した場合には子供は記載されません。
これは死亡で除籍となった方なども同様です。
移す度に除籍になった方達は記載されない事になります。
この事を覚えていないと子供が記載されていないとか両親が記載されていないとかのクレームを役所に訴える事になってしまいます。
一度移して記載されなくなると二度と記載される事はありません。
ですから、十分に注意して届出を行いましょう。
届出をする際には役所の窓口でしっかりと説明を聞く事をおすすめします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。