離婚届受理証明書とは

2014.7.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

離婚届受理証明書とは、「離婚届」を「受理」したことを証明する公的文書です。離婚届は提出したら即刻手続きされるわけではありません。戸籍への記載をはじめ事務処理のために1日~数日を要することがほとんどです。このため離婚届を出した直後に「離婚したこと」を証明することはできないわけですが、この受理証明書でもって「確かに離婚届を市区町村に提出した」ということを公的に証明することができるのです。
受理証明書の交付をうけるには離婚届を提出した市区町村に申請する必要があります。一通当たり300円から400円程度の発行手数料が必要となります。原則として申請当日に交付されることがほとんどですから、離婚届の提出と同時に申請するケースが多いです。郵送で申請することも可能な場合がありますが、このときには申請書として離婚届を提出した年月日、離婚した2人の氏名、申請部数、請求者の住所・氏名・生年月日・連絡先、申請手数料分の定額小為替、切手をはった返信用封筒、請求者の身分証明書の写しなどといった必要書類を添えて申請する必要があります。
基本的に戸籍謄本に離婚したことが反映されるまでの期間に使用するものであって、反映後に必要となる機会はごく限られています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。