子供の名字の扱いについて

2014.7.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

離婚した後子供の名字をどうするのか悩む方も多いのではと思います。
親権を母親が手にした場合でも自分だけが旧姓に戻って子供は夫の苗字を使い続けるということもできるのです。
小学生くらいになりますと急に苗字が変わります同級生はすぐにその子の親が離婚したということがわかります。
これがいじめにつながるというわけではないのですが、デリケートな年ごとの子にとってはつらいこともあります。
また現実問題として教科書などに書いている名前なども書き直さなければいけません。
名簿なども作り直してもらう必要があります。
自分の子なのに同じ苗字ではないということを気にする方もいらっしゃいますが、子どもの都合などを考えてどうするのかを考えてください。
夫が浮気などをした場合には自分の苗字になってほしいという気持ちになるかもしれませんが、それとこれとは違うのです。
表札の苗字と子どもの苗字が違うことによって郵便物が届かなくなるのではという心配があるかも知れませんが、その心配はありません。
住所があっていれば必ず届きます。
また表札も小さいもので全ての家族のフルネームが掲示できるタイプにするのもいいでしょう。
変えるか同化はその家次第ですが、子どもの意見を尊重してください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。