バツイチでも独身証明書は発行可能?

2014.7.16|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

独身証明書とは、結婚相談所や結婚情報サービスなどを利用する際に、独身であることを証明するための公的な書類のことです。本籍地の市町村区役所にて、印鑑・本人証明書類(運転免許証・写真付き住民基本台帳カード・健康保険証など)を持って、手数料1通300円を支払えば発行してもらうことができます。
書面には「指名・生年月日・本籍地(市区まで)『~上記の者が婚姻するに当たり、民法第732条(重婚の禁止)の規定に接触しないことを証明する』という内容が、記載されています。
別居中や離婚調停中など、戸籍上まだ完全に離婚が成立していない方は取得資格が認められませんが、戸籍上独身であれば、バツイチやバツニなど離婚歴のある方でも発行してもらえます。書面には離婚歴の有無などは一切記載されませんので、この書類からバツイチであるかどうかということが知れることはありません。極端に言えば、離婚が成立した翌日には独身を証明する書類の申請が可能ということです。
結婚相談所では、遊びの出会い目的などで既婚の方が登録されることはトラブルの元となりますので、登録の際にはかならず独身なのかどうかを確認する必要があります。バツイチでも、今現在独身なのであれば恋愛をするのは自由です。結婚相談所に登録を考えておられるなら、必ずこの書類が必要になることを覚えておきましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。